開業支援

競争が激しさを増す中、開業に当たっては綿密な事業計画が不可欠です。事業計画の作成から金融機関との交渉、スタッフの求人・採用、各種行政手続きなど開業にいたるまでの様々な支援を行います。


開業SCHEDULE一覧表


Ⅰ 立地診断による開業地の決定

(開業 1年以上前)

( 1 ) 医療コンサルタントの選定

  1. コンサル内容の確認
    ・コンサルタントの資格の確認及び実績確認
    ・立地診断、経営計画書作成及び金融機関に対する融資相談
  2. 報酬料金の確認

( 2 ) コンサルタントとのネットワーク

Ⅱ 開業形態の決定

(所要 1~2ヶ月)

( 1 ) 土地 + 建物購入     〔土地売買契約書〕〔建物請負契約書〕

( 2 ) 土地 賃借 + 建物 購入 〔土地賃貸借契約書〕〔建物請負契約書〕

( 3 ) 土地 + 建物 賃借    〔土地、建物賃貸借契約書〕

Ⅲ 建物建築計画の決定

(所要 3ヶ月)

( 1 ) 設計士の選定 ⇒ 実績及び報酬確認

( 2 ) 基本設計 ⇒ 建物規模、建物配置、動線に基づく各室配置確認

( 3 ) 実施設計 ⇒ 保健所報告確認(立入検査担当者)

( 4 ) 工事見積確認 ⇒ 坪単価80万程度

( 5 ) 建築確認申請 ⇒ 許可まで2週間前後(地域により相違)

Ⅳ 経営計画書の作成

(所要 2週間)

( 1 ) 建物工事見積 ⇒ 見積書添付

( 2 ) 医療機器(医療消耗品含む)の決定及び見積書添付 ⇒ 当初フル装置を前提

( 3 ) 備品(消耗品含む)の決定及び見積 ⇒ 事務機メーカー見積書添付

( 4 ) 開業費、運転資金等の見積  ⇒ 入会金等を加味して(通常1,000万以上)

( 5 ) 借入額及び返済条件等の決定 ⇒ 通常元金据置1年とし、短期と長期に分けて融資を受けること

( 6 )リース会社及び条件の決定  ⇒ 通常5年リース(医機)多く、借入不足分を補うため

( 7 )  診療時間、募集スタッフ、給与条件等の確認 ⇒ 地域により相違するためコンサルとの相談

( 8 )  家計支出(自宅建築資金借入返済状況及び教育資金)の確認 ⇒ コンサルとの相談(自己資金支出限度)

Ⅴ 建築着工から完成までの期間

(所要 4ヶ月~5ヶ月)

( 1 ) 人材募集の仕方決定

  • 給与規程、就業規則等作成 ⇒ コンサル及び社会保険労務士による作成
  • 募集方法の確認
    ハローワーク、集合広告 ⇒ 社会保険労務士及び広告代理店へ依頼
  • 選定方法及び日程の確認
    履歴書 ⇒ 郵送先確認(コンサル会社へ郵送)
    履歴書審査 ⇒ 面接者選定(先生,奥様,コンサル同席)
    面接場所の確保 ⇒ コンサル場所確保
    面接立合 ⇒ 質問事項チェックリスト採用(先生,奥様,コンサル立合)
    人材確定通知 ⇒ 決定者は決定当日電話連絡、決定者以外は郵送
  • 入社志願票
    医療事務 ・看護師 ・介護職員
( 2 ) 広告、看板の決定

  • ロゴマーク、名称
  • 開業チラシ、DM
  • 認知看板、導入看板、電柱看板
  • ホームページの作成
( 3 ) 検査会社等の決定

  • 検査会社
  • 歯科技工所
  • 医療廃棄物業者、清掃会社
  • 警備会社

( 4 ) リスクマネジメント

  • 生命保険の加入(開業前)
  • 損害保険の加入(開業前)


Ⅵ 建物完成後から開業までの期間

(所要 1~1.5ヶ月)

( 1 ) 医師会への入会  ⇒  入会金の確認早目に

( 2 ) 保健所開設届     〔開業前月15日頃まで〕⇒ 必要書類一覧表提示

( 3 ) 厚生局        〔開業前月20日頃まで〕⇒ 必要書類一覧表提示

( 4 ) スタッフトレーニング 〔開業2週間前〕    ⇒ レセコン、医機操作等

( 5 ) マナーの研修会    〔開業1週間前〕    ⇒ 接患・接遇応対中心

Ⅶ 開業

対応エリア